【先着100名】歴史を象徴する自転車『ニューマルキン号』が登場!

   
 

総合自転車メーカーである、ホダカ株式会社(埼玉県越谷市)のブランドである、マルキン自転車が、マルキン自転車90年の歴史を象徴する自転車として、ニューマルキン号を100台限定で発売しました。価格は8万8000円(税込み)です。

マルキン自転車について

マルキン自転車について、馴染みのある人もいらっしゃるかもしれません。残念ながら筆者は馴染みがありませんので、少し情報を整理してみます。昭和ドラマを見ているとよく見かける形状の自転車である形状だという位の認識しかありません。

丸金自転車工業が製造・販売

マルキン自転車は、自転車メーカーの中でも老舗的存在であった「丸金自転車工業株式会社(以下丸金)」が製造・販売していたブランドです。1960年前後に大衆に広く利用されていた自転車が丸金が製造していたマルキン自転車です。

1950年代までの日本での自転車利用目的は、ほとんどが荷物の運搬でした。20kg以上の重い荷物を載せても安定して運転できるように、車体や荷台が大きくがっしりしている自転車が特徴的で、誰にでも簡単に乗れる構造ではありませんでした。特に女性や子供にとっては重くて運転が難しいものでした。

1950年代後半からバイクやトラックが普及してくると、荷物運搬手段が自転車からエンジン付きの乗り物へとシフトしていきました。その過渡期で、運搬用自転車の隆盛末期に作られたのが、マルキン自転車だったようです。

堅牢性の高い実用自転車として、「働く自転車」の異名を持ち、高度経済成長に浮かれる日本各地で走り回っていた自転車だそうです。

CMソングが一世を風靡する

マルキン自転車はテレビの普及とともにテレビCMでの宣伝を展開します。その際、キャッチフレーズとして「マルキン自転車ホイのホイのホイ」というフレーズが登場し、これ一斉を風靡しました。残念ながら筆者は聞いたことがありませんでした。。

90年の月日を経てリバイバル

かつては日本を走り回っていたマルキン自転車ですが、丸金が1977年に自己破産に陥ってしまいます。そんな折、ホダカ物産株式会社が商標を買収し、現在に至ります。現在のマルキンブランドは丸金から販売されておらず、ホダカ物産株式会社から売られているのはこういった背景があります。

1932年から数えて2022年で創業90年を迎えることを記念し、ニューマルキン号がリバイバルという形で復活します。時を越えて復活したニューマルキン号には、現代ならではの技術も採用されています。

レトロと現代の融合がコンセプト

昭和の古き良き時代の面影を残しつつ、現代技術をふんだんに盛り込んでいます。例えば、暗いときに自動点灯するオートライトや、ローラーブレーキ、すり減りに強い耐摩耗タイヤを採用しています。

乗る人のことを考えて大きな座面のサドルクッションを採用し、停車中も残光機能で後方に存在をアピールできるLEDリフレクターを採用。まさに昭和の味と、現代の快適性・安全性をうまく融合しています。

先着順での申込み!

ニューマルキン号は先着順での販売となります。価格は8万8000円(税込み)です。お求めの際には、お近くのマルキン自転車販売店(自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店など)にお問い合わせください!

フロントガラスの撥水加工には

安全には備えすぎて損をするという概念はありません。雨天時も備えすぎると損をすることはないのは、ドライバーの皆様には周知の事実です。

特に視野範囲の確保は死活問題であり、いかにフロントガラスを撥水するかということは重要な問題です。

そこで今回ご紹介したいのが、CarZoot社の撥水コーティング剤です。なぜおすすめかというと、強力な撥水力は言うまでもないのですが、その耐久性です。通常、撥水加工を施しても効果の持続期間は長くても3ヶ月程度ですが、こちらの商品は約1年という抜群の耐久性を誇ります。

撥水性と耐久性の優れた両面性から、プロが実店舗で採用しているコーティング剤となっており、効果の高さが伺えます。

【首都高】最大料金が630円値上げの1950円に!料金体系について整理します前のページ

【ウルス】ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスが氷上最高速度298km/hを記録次のページ

関連記事

  1. 記事

    【自動車業界への影響は?】2021年米グーグルが閲覧追跡を廃止

    「米グールの閲覧追跡廃止について詳しく知りたい。」「グーグル…

  2. 記事

    福岡県内で車で行ける子供の遊び場が豊富な公園3選

    人口500万人を超える福岡県ですが、自然の中で小さい子供が遊ぶことが…

  3. 記事

    トヨタ・ヴォクシーがフルモデルチェンジ!?その新型モデルの機能とは?

    トヨタのヴォクシーは多くの人に運転されているミニバンとして有…

  4. 記事

    業界初・いすゞ自動車のコネクテッド技術を使った取り組み

    トラックやバスなど商用車を製造するいすゞ自動車株式会社。アーティスト…

  5. 記事

    【武田神社】コロナリスクが低い山梨の初詣&除夜の鐘におすすめの神社まとめ!

    2021年の初詣を計画している方もいるのではありませんか?しかし新型…

  6. 記事

    【大阪府】大型接種会場の運用をスタート!場所は?駐車場なども解説!

    新型コロナウイルスが流行し、飲食店などは大打撃を受け、最後の手段とし…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    G20観光大臣会合がテレビ会合!コロナ禍の観光産業をどう立て直すのか?ガイドライ…
  2. 記事

    【ドライブでしよう】山口県で車で行ける紅葉スポットを紹介!
  3. 記事

    3月25日に開催される自動運転ショーケースとは!?その情報や参加方法を解説!!
  4. 記事

    中古車市場で人気の高い「ダイハツ・タント」の中古市場価格は?
  5. 記事

    【京都府】驚きの安さで引越しできるおすすめ業者をピックアップ!大手のメリットとデ…
PAGE TOP