【付帯サービス】神奈川県の自転車利用者に朗報!定期利用者に無料自転車保険がつきます

   
 

神奈川県鎌倉市は、2021年5月7日、市営駐輪場の6ヶ月定期契約者に対して、自転車保険を無料で付帯するキャンペーンを開始しました。公益社団法人自転車駐車場整備センターが運営する、市営駐輪場利用者が対象となります。

キャンペーンの詳細について

キャンペーンの詳細情報について記載します。

キャンペーンの目的

神奈川県では、2019年4月1日付けで、神奈川県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を施行し、自転車損害賠償責任保険への加入が義務付けられています。(条例の詳細はこちら)

増える自転車事故と加害者への高額賠償事例などに対応する為、神奈川県でも自転車保険が加入義務となっていることはご存知でしょうか。

普段自転車に乗らない方は認知していない可能性も高いのですが、義務付けられているにも関わらず認知度が低いといった問題があります。

そこで今回のキャンペーンを通じて、自転車賠償保険の加入に対する理解と普及がさらに進むことを狙いとした取り組みとなっています。

キャンペーンの対象駐輪場

下記の駐輪場にて、6ヶ月の定期契約利用者に対して、自転車保険を無料で付帯するキャンペーンです。ご自分の利用駐輪場に該当していないかを確認願います。

  • 鎌倉駅西口第一自転車駐車場
  • 鎌倉駅西口第二自転車駐車場
  • 北鎌倉サイクルパーク
  • 大船駅東口自転車駐車場
  • 大船駅東口暫定第1自転車駐車場
  • 大船駅東口暫定第2自転車駐車場
  • 大船駅東口暫定第3自転車駐車場
  • 大船駅西口自転車等駐車場
  • 大船駅西口仮設第1自転車駐車場
  • 大船駅西口交通広場自転車等駐車場

対象期間は2021年4月1日~2022年3月31日の1年間が対象期間となっています。6ヶ月の定期契約で利用可能ですので、契約更新時期を考慮して、今お使いの駐輪場から乗り換えるのも選択肢の一つです。

キャンペーンの補償について

補償額は、対人事故のみ1億円までとなっています。示談交渉サービス付きですので、もし事故を起こした場合の不安なやりとり等も任せることが可能です。

増える自転車保険の加入義務

今回は神奈川県鎌倉市の発表でしたが、各地方自治体でも自転車保険の加入を義務付ける、または努力義務をかしているところも増えてきています。

背景には高額化する賠償金

自転車事故により高額な賠償金を請求される事例が増えています。事例にもよりますが、場合によっては~9000万円以上の高額賠償金が請求される事例もあります。事例について情報が必要な方はこちらを御覧ください。

高齢化も一つの要因か

社会全体の高齢化も一つの要因であると考えられます。高齢者と対人事故を起こしてしまった場合、すぐに命に関わることも少なくありません。重症化することで、賠償金も増加する傾向にありますので、高齢化社会が進むことで加入義務が生じているという見方も可能です。

自治体も積極的に義務化

自治体でも加入義務化は進んでいます。東京都でも2020年4月から自転車保険への加入義務化がされています。千葉県では、県は”努力義務”を、市は”義務”を課しています。努力義務は非常に曖昧ではありますが、加入を進める方向には間違いなく、今後も各地方自治体での導入が加速すると予想されます。

自転車保険の価格は?

プランにも依りますので一概には言えませんが、~1万円/年程度のプランが多くなっています。安いものであれば3000円程度のものもあります。

今回の鎌倉市の取り組みのように、自転車保険の費用を負担してくれるならば利用しない手はありません。どうせ駐輪場を使わなければならないなら、お得に使いたいものです。このような周知活動が全国に広まることを期待していですね。

本革の手入れにはレザークリーナー

餅は餅屋ではありませんが、レザーシートの手入れにはレザークリーナーが適しており、特にCarZoot社のレザークリーナーが良いです。

除菌や手入れを兼ねてアルコールスプレーを使う方が多いのですが、レザーシートにアルコールスプレーを使うと劣化や変色を招く恐れがありますので絶対にしてはいけません。

CarZoot社のレザークリーナーを使えばダメージレスで確実に汚れを落とすことができます。クリーナーの中には、微発泡成分が配合されており、革の奥に染み込んだ汚れまで泡で浮き立たせて除去することができます。クリーナー用の専用スポンジとクロスが用意されていますので、小さい隙間まで確実に手入れが可能となっています。

プロが実店舗で使用している商品ですので、その実力は折り紙付きです。

CarZoot社 レザークリーナー

【2021】デンソーが人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINEに出展します前のページ

シトロエンの超小型EVに商用仕様が追加されました!フランスで6月から発売予定次のページ

関連記事

  1. 記事

    【決定版】自動車業界の偉人ウォルター・クライスラーが作った車と歴史

    「ウォルター・クライスラーについて教えて。」「ウォルター・ク…

  2. 2021 車 横浜タイヤ

    記事

    車関係の各メーカーが医療支援を実施!横浜ゴムはタイヤ100本を寄贈

    2021年3月に横浜ゴム平塚製造所が、神奈川県に対し、新型コロナウイ…

  3. 記事

    福島県でおすすめの交通安全お守りと神社2選を厳選して紹介!

    交通安全を祈願したいけれど、どの神社を参拝すれば良いか分からないとい…

  4. 記事

    2021年夏に公開!村上春樹の短編「ドライブ・マイ・カー」に出てくる初代サーブ900に注目だ!

    2021年コロナ禍に見舞われている日本ですが、村上春樹氏の短編作品が…

  5. 記事

    愛知県警察のマスコット「コノハけいぶ」って?愛知県警察のスローガンもまとめて紹介!

    愛知県警察のマスコットが気になるけど一体どんなキャラクターなのだろう…

  6. 記事

    【2021年最新版】大都会の真ん中で車中泊!東京都でオススメの車中泊スポットを紹介します!

    新型コロナウイルスの影響で移動の自由が奪われてしまい、県外への外出が…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【世界初!】「PIAA」のヘッドライト用の融雪ヒーターが発売!
  2. 記事

    実は余分に車の維持費払ってない?やってしまいガチなメンテナンス方法とその節約方法…
  3. 記事

    被災した阿蘇大橋が復活!新阿蘇大橋は2021年3月7日に開通!どんな橋なのか徹底…
  4. 記事

    【決定版】幹線輸送車トラックを効率化できた2021年の事例紹介
  5. 記事

    車検代って高いよね!少しでも安く済ます方法を紹介!
PAGE TOP