【中国】EV向け半導体製造に着手!米制裁対象外で拡大余地ありか

   
 

中国の電子機器大手、聞泰科技(ウィングテック)が電気自動車向け半導体の製造に着手したとの知らせが入りました。120億元(日本円:約2000億円)を投資し、パワー半導体の新工場を上海市に建設予定です。

世界的な半導体不足

新型コロナウィルスの蔓延により、世界中で急速にテレワークが普及されています。PCの需要が高まったことから、半導体部品製造能力がPC用部品へと注力されたため、自動車業界をはじめとする多分野において半導体部品が不足しています。

詳細情報については、こちらの記事にもまとめていますので、ぜひ一読願います。

半導体不足による生産調整が頻発

半導体不足により、世界中の大手自動車メーカーでは自動車の生産調整を余儀なくされています。例えば、先般ご紹介した記事にもある通り、アメリカ大手:ゼネラル・モーターズでも北米工場の生産停止、減産などが相次いています。

もちろんGMに限った話ではなく、日本国内の主要メーカーも生産調整は余儀なくされており、どのメーカーも深刻な半導体不足に頭を悩ませています。

アメリカの制裁について

アメリカが、中芯国際集成電路製造(SMIC)への締め付けを実施したことにより、事実上の禁輸措置がとられました。SMICから部品供給を受けていた半導体メーカーが、TSMCなどのファウンドリに業務依頼をすることによって各ファウンドリの稼働状況が逼迫、新規部品の供給が難しいといった事態が続いています。

ちなみに制裁対象となっているのが、14nm以下のプロセスを提供する設備であり、それ以上であれば問題ないというのが現在の見解です。

半導体メーカーにとって、既に成熟した28nm以上のプロセスであれ、最先端の14nm以下のプロセスであれ、アメリカ製の設備が数多く用いられていることは疑いようのない事実で、アメリカの制裁は生産体制への大きな影響力を持っています。

ウィングテックの新設備導入

冒頭記載の通り、ウィングテックが120億元を投資し、パワー半導体用の新工場を上海市に建設する予定です。生産する半導体が、14nm以上のプロセスを使用すると見られ、制裁の対象外となります。

新工場はオランダの半導体会社(ウィングテックの子会社)である、ネクスペリアと共同で建設し、2022年の稼働開始を目指しています。

パワー半導体とは?

パワー半導体とは電源の制御・供給を行う半導体で、扱う電圧や電流が大きいことが特徴です。EV向けにも様々な用途で使われますが、代表的な部品としては大電力を扱うモーター制御などにも使われています。

ウィングテックの勝算見込みは?

ことパワー半導体に関しては追い風が吹いていますので、この投資は勝算見込みが高いと考えられます。

まず、世界的なEV化の促進と、それに伴うパワー半導体の需要増加が勝算理由として挙げられます。パワー半導体を含むディスクリート部品の市場規模は2024年には285億ドルまで増加する見込みとなっており、需要は今後も増加の一途をたどる見込みです。

次に、国策としての半導体育成、という理由が挙げられます。アメリカ政府からの半導体への制裁を受け、国内産業の育成に注力しています。中国は2021年からの5カ年計画において、「国家経済安全保障の強化」を掲げ、研究開発の重点分野に半導体を指定しました。

半導体の設計・製造・材料などを手掛ける企業には所得税の減免措置を講じる予定で、力の入れ具合が伝わってきます。

世界的な需要増加と、国家の後ろ盾という両面からの追い風が、ウィングテックにとっては非常に勝算の高い投資となることは想像に難くありません。

国力強化としての事業育成、日本国も体制を見習わなければならないのかもしれません。

気になる油膜を除去するには

ガラスにコーティングを施して、撥水性を向上させている方も多いです。経年により撥水性が低下した場合、再コーティングをすれば撥水性が向上するのですが、一度古いコーディング剤を全て除去しなければなりません。これをしないと、塗りムラが生じるだけでなく、次のコーティング持続性が低下します。

そこでコーティング剤や水アカ除去に最適なガラスクリーナーとして、CarZoot社のガラスクリーナーをご紹介します。

ガラスコーティングを施す前に、このクリーナーを使って油膜を除去することで、ガラスを綺麗かつコーティング剤が付着しやすい状態にもっていくことができます。洗車だけでは落とすことが難しい、油膜や水アカ・ウロコまで綺麗に除去することも可能です。

プロが実店舗でコーティングを行う前に使用しているガラスクリーナーですので、実力も折り紙付きです。コーティングを検討されるタイミングで、一緒にガラスクリーナーも検討なさってみてください。

CarZoot社 ガラスクリーナー

【車で行こう!】熊本県で魅力的なグランピングを体験してみませんか?前のページ

【2021】メキシコでの自動車生産量が20年11月ぶりの増加へ!3月は30万台を超える次のページ

関連記事

  1. 記事

    函館元祖バスラーメンとは?味や特徴も見てみよう!

    バスラーメンというものを聞いたことがある人も、多いのではないでしょう…

  2. 記事

    【2021年】13インチ→18インチへ!ハミルトンが18インチF1タイヤの開発テストをイモラで実施!…

    F1のタイヤが2022年から大きく変更される予定です。13インチから…

  3. 記事

    マセラティ・ギブリはフェラーリやランボルギーニと並ぶ高級車

    レーシングスピリットを受け継いで力強い走りを魅せるマセラティ・ギブリ…

  4. 記事

    名門アストン・マーティンがタワーマンションをデザイン!新型SUV『DBX』の限定モデルが付帯する部屋…

    イギリスの名門スポーツカー・メーカーであるアストン・マーティンが超高…

  5. 記事

    車内清掃に使えるクリーニング剤まとめ【2020年度決定版】

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、車内清掃に力を入れている方も…

  6. 記事

    車内の窓のくもりの原因は?手軽に綺麗にできるクリーナーなどご紹介! 

    運転中に車の窓がくもってしまうと、大変危険です。…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    50代が子ども時代に熱狂したカーアニメ「アローエンブレム グランプリの鷹」
  2. 記事

    おトクにマイカー 定額カルモくんを使って、カーリースを利用するのが人気!カルモと…
  3. 記事

    千葉県にはおすすめのラーメン店あり!定番のラーメン店から穴場スポットまで!
  4. 記事

    至高のトラック用品?おすすめの東京トラック用品店とは?
  5. 記事

    2021年レクサスではこの車がおすすめ!新車も含めてご紹介します!
PAGE TOP