【ファン朗報】ランドローバーが従来型「ディフェンダー」をオフロード競技向けに25台限定生産!

   
 

2021年2月10日にランドローバーが従来型の「ディフェンダー」をベースに「ディフェンダーワークスV8トロフィー」を限定25台のみ生産すると発表しました。

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」はイギリスで開催される「ランドローバートロフィー」というオフロード競技向けに販売されるとのことです。

たった25台ですが、ディフェンダーファンはまた新車のディフェンダーを手に入れるチャンスが訪れたことで喜ばずにはいられません。

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」はどのような仕様で登場するのか詳細をお伝えします。

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」について

割合は不明ですが「ディフェンダーワークスV8トロフィー」は「90」と呼ばれるショートボディと、「110」のロングボディの2タイプ合わせて25台限定生産されます。

それでは「ディフェンダーワークスV8トロフィー」のエクステリアやインテリア、スペックなどについて紹介していきましょう。

専用カラーのエクステリア

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」のボディと16インチのスチールホイールは「イーストナーイエロー」という専用カラーで塗装されます。ホイールアーチとボンネットとリアドアは「ナルビックブラック」で塗装され、全体的にはツートーンカラーのように仕上がっています。

フロントフェイスにはヘリテージフロントグリルと「ランドローバートロフィーエンブレム」を装着し、ヘッドライトはLED化。1990年に登場した古き良き「ディフェンダー」を彷彿させつつも、要所には現代的なパーツが施されています。

オフロードを力強く走破するためのパワートレイン

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」のパワートレインは最終型の「ディフェンダーワークスV8」とほぼ同じ仕様となるようです。

搭載されるエンジンは5.0L V型8気筒ガソリン自然吸気で、最高出力は405PS/6,000rpm、最大はトルク52.5kgm/5,000rpmを発生します。トランスミッションにはZF製の8速オートマチックを組み合わせ、動力性能としては0~96km/h加速が5.6秒、最高速度は170km/hに達します。

強化された足回りとインテリアは競技向き

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」はオフロード競技を前提にしているため、足回りが強化・アップグレードされています。手が入れられた具体的な箇所は、前後ヘビーデューティー・ディファレンシャル、トルクバイアス・センター・ディファレンシャル、サスペンションやステアリング、ブレーキと多岐にわたります。

インテリアは、オフロード競技での激しい走行に対応するためにレカロ製のスポーツシートを標準装備。ドライバーをしっかりとホールドしてくれます。シート表皮はフルブラックの皮張りで高級感も忘れていません。その他にも「エリオットブラウン」製の専用時計や、ナビゲーションとモバイルデバイス接続機能を装備した「クラシック・インフォテインメント・システム」も採用されています。

オフロードで汚れたタイヤをキレイにするのは「CarZoot」

「ディフェンダーワークスV8トロフィー」のオーナーになるには、「90」の場合で19万5000ポンドなので日本円にして約2,820万円が必要になります。それでもディフェンダーが大好きなファンは何としてでも手に入れたいところでしょう。

オフロード競技に出てタイヤが汚れたあとは「CarZoot」のカーケアアイテムでキレイにしましょう。「CarZoot」はクルマすべてをケアできるアイテムがそろっています。日本製の安心感とプロも使うほどの高い信頼性があります。

2009年に公開されたアメリカナンバーワンになったSFミステリー『ウィッチマウンテン』とはどんな映画?見どころも紹介前のページ

マツダ「フレアクロスオーバー」に特別仕様車を追加し3月8日に発売へ次のページ

関連記事

  1. 記事

    負荷をかけない!石川県にあるおすすめのプライベートジムやパーソナルジムを紹介

    コロナの影響で自粛期間に運動不足になった方や、運動を始めようと思って…

  2. 記事

    タクシーやバスに利用されるラッピング広告!広告費って高いの?徹底調査!

    街中を走るタクシーやバスなどにはたまに、ボディを広告で埋め尽くしたラ…

  3. 記事

    ブリヂストンが12月期連結業績予想を上方修正へ

    ブリヂストンは2月16日の決算発表に先立って、昨年11月に公表した2…

  4. 記事

    スズキVストローム1050XT / Vストローム1050 カラーリングが変更された2021年モデルを…

    スズキ株式会社は自社で製造・販売している「スズキVストローム1050…

  5. 記事

    【2021年から】ナンバーフレームについての新基準を紹介

    自動車のオプションの中には、各メーカーから販売されている「ナンバーフ…

  6. 記事

    18番目の“江尻“ってどんなところ?おすすめスポットをご紹介!

    東海道57次の18番目に当たる「江尻」という街をご存知でしょうか?近…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    スマートの2020年は?売り上げや人気車種を知ろう!
  2. 記事

    キャデラックのエルドラド中古は意外と安い!?トップクラスのラグジュアリーカーって…
  3. 記事

    東和泉・中和泉エリアのおすすめは?狛江市の月極駐車場ランキングTOP3!
  4. 記事

    消防士になるにはどうすればいいのか詳しく解説
  5. 記事

    富山県でハイキングやトレッキングを楽しむカーライフ
PAGE TOP