【ドライバーさん必見】スタンディングウェーブ現象が起きる車について

   
 

「スタンディングウェーブ現象って何か気になる。」

「スタンディングウェーブ現象は何が原因で起きるのか教えて。」

「スタンディングウェーブ現象対策について知りたい。」

このサイトをご覧になった方は、このように思っていらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、スタンディングウェーブ現象について、そして原因とその対策についてご紹介します。

1. スタンディングウェーブ現象とは

スタンディングウェーブ現象は、高速道路などで起きる場合が多い現象で、タイヤの空気圧が低いままに走行すると、タイヤの接地部分より後ろが波状に変形してしまうことを指します。

この現象により、波の伝わる速度よりタイヤが高速に回転することが継続すると、伝わった波が重なってより大きな波となってタイヤが変形してしまいます。

ただし、運転者はこのことに気がつきにくいのが現状です。

それは、このことで運転しずらくなるとか車体に何か障害が起こるわけではないからです。

それでも、このまま走行を続けると、タイヤが波動で変形し続けているためにタイヤ自体が空気の圧力や高速で走行中のスピードで揉まれてしまい、急に破裂(バースト)してしまいます。

違和感なく走行しているので、この発見が遅れてしまうのです。

2. スタンディングウェーブ現象の原因と対策について

ここではスタンディングウェーブ現象の原因とその対策についてご紹介します。

2−1 スタンディングウェーブ現象の原因について

スタンディングウェーブ現象が起きる原因はタイヤの空気圧が関係しています。

空気圧が低いために、タイヤの接着部分が大きくなって、さらに高速道路などでスピードを出しすぎたまま走行すると、タイヤの回転数が増し、その結果タイヤに波動が生まれ、波打って見えるようになります。

それでも、運転者はそれに気づかずに走行するので、タイヤが変形するのに拍車がかかります。

タイヤの空気圧が標準に保たれていても、重すぎる荷物をのせて走行するとやはりタイヤの地面への接着部分は増えますので同じような現象が生まれてくる可能性があります。

スタンディングウェーブ現象ではあまり運転者は気付かない場合が多いのですが、この状態が長時間続くと、ハンドルが効かないといった不具合を感じることもあり、大変危険な状態に陥ります。

その他、タイヤの接地面が広いということは強い摩擦が生じているために、よりガソリンを使用する結果になり、燃費が悪くなります。

また、ちょっとした段差でもコード切れを起こしたりと決して安全運転ができる状態ではなくなります。

2−2 スタンディングウェーブ現象の対策について

スタンディングウェーブ現象を起こさないためには、以下のことに気をつけましょう。

【タイヤ空気圧】

これが一番の原因で起こっていますので、正常な空気圧を保つことに尽きます。

そして、タイヤのキズやひび割れもバーストと密接に関係しますので、タイヤの表面の状態を点検することも必要です。

そして、正常な空気圧になっているのか、常に乗車前に確認する必要があります。

ただし、正常な空気圧は車種やタイヤの種類やサイズ、どれくらいの人や荷物を載せるかにもよって変わってきます。

例えば、ひとり60kgで5人乗れば、300kgが積載され、自動車が1tであれば総重量は1.3倍になり、一人で運転することと比べるとタイヤにかかる負荷が大きく変わるというのがおわかりいただけると思います。

特にスタッドレスタイヤなどは柔らかいゴム素材を採用しているメーカーが多いので、積載するものの影響を受けやすいと言われています。

そのため、ガソリンスタンドなどで無料で空気圧をチェックできるので、プロの目で判断してもらうことも一つの対策として有効です。

そして、高速道路に入る前には必ず確認することをおすすめします。

【速度を抑えた走行】

高速道路で起きやすい現象として解説しましたが、空気圧の次にタイヤの回転とスタンディングウェーブ現象は密接に関係してきます。

そのために、高速道路でも一般道でも速度を抑えて走行することがこの現象を起こさない対策方法だといえます。

そして、走行途中にハンドルをとられたり異変を感じたら、安全な場所に車をとめ、すぐにタイヤの状態を確認してください。

バースト寸前やご自分では復旧が困難と判断した場合は、すぐにロードサービスなどを呼んでプロに対応してもらいましょう。

3. CarZoot 社製つや出しクリーナーコーティングワックス剤

スタンディングウェーブ現象を起こさないためにも、日々のタイヤの点検は欠かせません。

そこで今回は、タイヤのメンテナンスとして、CarZoot 社製コーティングワックス剤をご紹介します。

このCarZoot 社製つや出しクリーナーコーティングワックス剤の特徴を以下の通りまとめました。

  • 他社のコーティング剤との違いは、深みのある漆黒の美しいタイヤに復活させてくれ、その効果が長期にわたって維持される驚きの持久性があります。
  • プロも認め、実際のお店でも使用されている艶出しクリーナーです。
  • オイルベースが主流のワックス剤は持続力に難点があります、そこでCarZoot 社では高品質シリコンを原材料に採用しているので、タイヤ本来の色と保護成分が持続する特徴を持っています。
  • 日本で研究開発されたCarZoot 社製つや出しクリーナーですので安心してご使用いただけます。
  • ただ今、Amazonで1,790円で販売中です。

4. まとめ「スタンディングウェーブ現象が起きる車について」

今回は、スタンディングウェーブ現象が起きる車についてご紹介しました。

・スタンディングウェーブ現象とは

・スタンディングウェーブの原因と対策

・CarZoot 社製つや出しクリーナーコーティングワックス剤

今後、スタンディングウェーブ現象について理解を深めたいと思われましたら、ぜひこのサイトを参考になさってください。

デントリペアってどんな修理?業者や料金なども紹介前のページ

【知ってました?】ミニ四駆をみながら飲めるバー東京都内のお店3選次のページ

関連記事

  1. 記事

    コムテック 前方・車内2カメラドラレコを発売 

    交通事故に遭った時の証拠になるため、ドライブレコーダーは取り付けてお…

  2. 記事

    エンジンルームはどこ?軽トラの魅力と謎を紹介 

    車好きの中で密かに人気の軽トラックは、2019年でも約20万台の販売…

  3. 記事

    【横浜市で最も街路樹が多い街】青葉区でおすすめの安くて使いやすい月極駐車場を詳しく紹介 

    青葉区といえば、その名の通り青葉が生い茂る街路樹が一番多い街でもあり…

  4. 記事

    【青森県の植物園】おすすめをご紹介!車で行けてインスタ写真もバッチリ!

    青森県と言えば、美しい自然が沢山ある事で有名です。美味しいグルメを味…

  5. 記事

    ディスチャージヘッドランプって!?メリットやデメリットを詳しく解説!

    ディスチャージヘッドランプって聞いたことはあるけど何のことを指すのだ…

  6. 記事

    『じっちゃんの名にかけて!』本格派ミステリー漫画【金田一少年の事件簿】のその後

    オペラ座館殺人事件・悲恋湖伝説殺人事件・学園七不思議殺人事件・秘宝島…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 記事

    自動車ベンチャーであるGLM株式会社では2021年どんな車がおすすめなのか?最新…
  2. 記事

    車検証がICカードに?情報をまとめてみた
  3. 記事

    愛知県のマスコットキャラクター「コノハけいぶ」を徹底解説!
  4. 記事

    パイオニアの緊急通報機能付き通信ドラレコのクラウドファンディングが開始10時間で…
  5. 記事

    愛知県で話題沸騰!輸入車が安く買えるおすすめ店舗3つ!
PAGE TOP