【アウディ】A7スポーツバック PHVを改良へ!バッテリーを大容量化を達成

   
 

電動化が進む欧州車ですが、アウディのA7スポーツバック PHVに関する改良のニュースが飛び込んできました。バッテリーが大容量化されるとのことで、航続距離などに大きな影響を与えることが考えられます。また新型として、様々な変更点も加わるとのことで大きな注目を集めているのです。

今回は、新型のA7スポーツバック PHVについて詳しくお伝えします。

プラグインハイブリッド車(PHV)の改良モデルを欧州で発表!

アウディのプラグインハイブリッド車(PHV)の改良モデルの中身について詳しくお伝えします。一体どのような特徴があるのでしょうか?

「TFSI e」が搭載へ

直噴ガソリンターボエンジンを基本にした新世代のPHVシステムである「TFSI e」が搭載されています。二次電池(バッテリー)はリチウムイオンであり、今回の改良で蓄電容量は従来の14.1kWhから、17.9kWhに大容量化されたのです。これにより、一気に燃費が良くなりました。

50TFSI eグレードの場合になりますが、欧州複合モードの燃費で1リッターあたり71.4キロになります。さらにCO2排出量は32g/kmです。環境に配慮したクルマをお求めの方は、ぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。

2グレードのPHVの違いとは?

改良モデルには2つのグレードが用意されており、「55TFSI e」および「50TFSI e」です。

「55TFSI e」グレードでは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力265ps、最大トルク37.7kgm)が搭載されており、最大出力143ps、最大トルク35.7kgmのモーターが組み合わされています。よってシステム全体でのパワーは367ps、トルクは51kgmになります。

もう一つのグレードである「50TFSI e」グレードは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力265ps、最大トルク37.7kgm)が搭載されています。そこに最大出力143ps、最大トルク35.7kgmのモーターが組み合わされることで、システム全体でのパワーは299ps、トルクは45.9kgmにもなります。

両グレードには共通点もありトランスミッションは7速「Sトロニック」になります。さらに駆動方式は4輪を駆動する4WDの「クワトロ」を採用。55TFSI eグレードになりますが、100キロまでの加速は5.7秒であり、最高速は250キロです。

走行モードは4種類

  • EV
  • ホールド
  • ハイブリッド
  • チャージ

走行モードには以上の4つが用意されています。ドライバーが好きなモードを選んで走行できるため、状況に合わせて様々なモードを試してみましょう。運転を楽しみ尽くせるのもA7スポーツバック PHV改良型の大きな特徴になります。

ちなみにハイブリッドモードだとPHVシステムの最大限の効率を求められます。電気モーターとエンジンのバランスを追求するため、燃費性能を求めている方におすすめです。

予測効率アシストもすごい

予測効率アシストとは、航続の拡大を追求する支援システムになります。ナビゲーションデータと予測効率アシスト、車両センサーシステムの情報を利用することで、ルート全体の大まかな計画を建ててくれます。さらに細かい計画も作成してくれるすぐれものです。

油膜取りをしたいならCarZootのガラスクリーナーがおすすめ!

ガラスの汚れが気になる方も多いのではありませんか?特に厄介なのが油膜でしょう。油膜が残っていると水滴も流れにくいですし、コーティングをしてもムラができるなど良いことがありません。

油膜をしっかりと取った上でコーティングすればより効果は高くなります。

そこでおすすめなのがCarZootのガラスクリーナーになります。油膜除去剤でもあるため、窓ガラスに付着した、油膜がきれいに落ちるのです。商品名は「CarZoot 油膜取り ガラスクリーナー 車 水垢 水アカ ウロコ 車ガラスクリーナー 」であり、Amazonで絶賛販売中です。価格は税込みで1,980円と2,000円をきっている点にも注目でしょう。

物流分野の配送ロボットが誕生!マンション内で実証実験を開始へ!前のページ

CASE対応を強化!新生アイシンのトップにトヨタ元副社長の吉田氏を迎える!次のページ

関連記事

  1. 記事

    スモークフィルムは貼る場所によって違反になる?

    車を運転中にスモークフィルムを貼った車を目にすることも多いの…

  2. 記事

    ポルシェをレンタルしたい方必見!公式のレンタルサービスを紹介!

    ポルシェに一度でいいから乗ってみたい。ポルシェをレンタルしてみたいん…

  3. 記事

    いま中古車市場が熱い!?岩手県でおすすめのショップは!?

    2020年中ごろから発祥の中国以外でも猛威を奮っている新型コロナウイ…

  4. 記事

    寒波襲来!凍結防止の対策法!おすすめアイテムを徹底解説します!

    とんでもなく寒い日が続いているので、車用の寒波対策も考えなければなり…

  5. 記事

    2020年に売れた軽自動車3選を紹介 

    2020年もあと少しで終わりですね。皆さんにとってこの1年どのよう…

  6. 記事

    車のホイール塗装の耐久性はどれくらい?剥がれにくい方法はある?

    車のホイールは車の下の方に位置するので汚れがつきやすいです。ホイール…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    東京新宿でラグジュアリーイベント開催!
  2. 記事

    トヨタ オーリスってどんな車?魅力や特徴を徹底解説!
  3. 記事

    ホンダの新型ハイブリッド車「HR-V新型」2月18日にオンライン上で公開予定
  4. 記事

    車で人身事故にあった時はどうせすれば良い?正しい対処法とやってはいけないことを解…
  5. 記事

    車のバッテリー端子の基礎知識!バッテリー端子の特徴など解説!
PAGE TOP