【なぜ強い?】米国のEVメーカーテスラがソフト分離で他社を圧倒できる理由とは? 

   
 

少しずつではありますが、電気自動車に乗り換える人は日本で増えています。排気ガスを出さないことや燃費効率が良いなどといったメリットの他に、静粛性が高いことがあります。電気自動車の静かな乗り心地は一度は体験してみるべきです。

最近のテスラの成長率には目を見張るものがあります。世界の株式時価総額ランキンでも常に上位に位置する顔になりました。今回はそんな電気自動車メーカー、テスラがソフト分離で他社を圧倒できる理由を解説します。

ソフトためのハードという概念

ゲームが好きな人ならわかると思いますが、XBOXとプレイステーションでは遊べるゲームソフトの種類が違います。プレイステーション用のソフトでXBOXを遊ぶことはできません。目的のゲームソフトで遊ぶにはハードを揃えなければいけません。

最近はITにおけるテクノロジーの進化のスピードが、めざましく速くなってきています。ハードの製造が、ユーザー体験を向上させるソフトウエアの更新スピードに追いつかない状況が多々出てきています。車だけではなくゲーム業界やパソコンのOSでもそういった状況があります。

ハードを買い換える時代は終わるかもしれない

優れたソフトウエアを体験するために、ハードやOSを購入するのは顧客にとってもコストが増えます。企業にとっても開発経費がかさむことや顧客に負担を強いることからも長い目でリスクがあります。

テスラはそういった問題を回避するために極力、車の構造をシンプルに設計してあります。最新の優れたソフトウエアとの互換性を高められるように、余計な部品を排除しているわけです。先の問題を見越した上でソフトウエアファーストな製造体制を構築しています。

最高のドライブ体験は運転しないこと?

優れたソフトウエア体験を提供し続けるテスラは、一体どこを目指しているのでしょうか?その答えは案外シンプルです。とどのつまり、それは運転せずに車内空間を快適に過ごすということです。

運転すること自体が好きな人、車が好きな人はいます。しかしほとんどの人にとって、車は移動するための手段でありそれ以上のものは期待されていません。ただテクノロジーの進化によって全く運転しなくても移動することが可能になった場合、人は車の見方を変えるでしょう。空間や時間の使い方も全く違ったものになっていきます。

自動運転技術オートパイロットについて

テスラには、Autopilotと呼ばれる、レベル2の自動運転機能が搭載されています。テスラユーザーの間ではそれが使いやすいということで、なかなかの支持を集めています。車体に装備されてるセンサーが、車線と前後左右の車両や道路状況を正確に認識するように設計されています。

ドライバーの負担がかなり軽減されているので、運転をする時のストレスは明らかに減ります。特に渋滞時には、勝手に加減速し、車間調整をしてくれるので、運転しながらも考え事をすることができ、時間の有効利用もできるでしょう。

Carzootのインテリアクリーナーを紹介

いかがでしたでしょうか?今回は【なぜ強い?】米国のEVメーカーテスラがソフト分離で他社を圧倒できる理由とは?について解説しました。AIが人間の空間認識能力よりもはるかに正確に車間距離を把握できることは証明されています。

自動運転が標準装備され、車内空間の使い方が様変わりしたときどのような革命が起きるのでしょうか?運転中にマッサージしてもらって疲れをとったり、オフィスがわりに仕事したりなど可能性はいくらでもあります。人類の明るい未来に期待したいところです。

さて、車内空間を有効に活用したいならCarzootのインテリアクリーナーがおすすめです。 汚れを落とす力はもちろんですが、プラスチックや布など車内のパーツを傷めず、レザー部分にも安心して使えるように開発されています。ドライブの際にぜひお試しください。

【Googleと業務提携か】フォードがリンカーンの車載端末にアンドロイドを採用 前のページ

東京都が2025年末までにエコカー購入における税金軽減政策を延長すると発表 その真意は? 次のページ

関連記事

  1. 記事

    河西工業といえば、ドアの内張り部分の製造会社!国内だけでなく、海外にまで事業展開!?

    河西工業とは、東証一部上場している自動車用内装部品メーカーです。では…

  2. デザイナーB

    【レッツゴートゥー!】お得な政策‼︎埼玉県の車でいけるおすすめ店

    皆さんは何か安くご飯を食べられる機会やキャンペーンがあったら迷わず使…

  3. 記事

    トヨタが発売しているミライってどんな車?従来と新型を比較!

    トヨタのミライとはどんな車なのか?名前を聞いたことは…

  4. 記事

    ブリヂストンのPOTENZA RE-07Dをマイナーチェンジ!どんなタイヤ?変更点は?

    世界大手として有名なタイヤメーカー「ブリヂストン」が、「POTENZ…

  5. 記事

    2019と2020でどう変わった?車内の過ごし方について比較

    2020年は新型コロナウイルスの感染が流行していることが最大のニュー…

  6. 記事

    瀬戸内海を望む愛媛県をドライブ!2020年にドライブの途中で寄ってほしい道の駅を紹介!

    愛媛県へドライブに行こうと思っているそこのあなた。道の駅ってあくまで…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 未分類

    車の除菌剤はコレがおすすめ!
  2. 記事

    タピックひやごんスタジアムへ行こう!FC琉球サポーターにおすすめの周辺駐車場を紹…
  3. 記事

    トヨタの本気!歴史上初のエクステリアと1億円を超える価格が予想される「GRスーパ…
  4. 記事

    運転中に吹雪に遭遇した時には
  5. 記事

    群馬県で窓ガラスのコーティングができるおすすめのお店3選!
PAGE TOP