【がっかり】トライアル世界選手権日本GPが2年連続へ中止へ!コロナの影響か?

   
 

非常に残念な情報が入ってきました。

昨年も中止になったトライアル世界選手権日本GPですが、2021年も開催中止となり、2年連続で間近で迫力のある登坂等が見られなくなりました。がっかりした方も多いのではありませんか?

今回は、トライアル世界選手権とはどのような競技なのか、なぜ日本GPが中止に至ったのかを明らかにします

トライアル世界選手権日本GPが2年連続へ中止の概要をご紹介

そもそもトライアル世界選手権とはどのようなものなのでしょうか?開催中止のお知らせから、中止に至った背景も確認してみます。

そもそもトライアル世界選手権とは?

障害物等が設置されており、それらをバイクで乗り越えながら進む競技になります。足をつかずにゴールにたどり付くのが目標であり、高度なバイクの操作技術が必要になるものなのです。

世界選手権には2つの種類があります。

まず冬から春に行われるのがXトライアルであり、インドアとも呼ばれるものです。基本的にスタジアム内に設置された、人工的な障害物を乗り越えていきます。非常に華やかであり、テレビ中継などで見たことがある方も多いのではありませんか?もう一つはアウトドアと呼ばれるもので、5月から9月に行われるトライアル世界選手権を指しています。日本GPは後者のことを指しており、自然の地形を生かしたコースを利用し、ダイナミックな走行が魅力の一つになります。

日本メーカーも参戦しており、有名なのがホンダでしょう。「Repsol Honda Team」としてワークス参戦しており、アウトドアのコンストラクタ-ズタイトルを14連覇中です。また個人タイトルでも、2004年には藤波貴久が日本人として初のアウトドア世界王者に輝いています。

ツインリンクもてぎの発表がこちら

なぜトライアル世界選手権の日本GPは開催できなかったのでしょうか?まずは開催地であるツインリンクもてぎの公式発表を確認してみましょう。

株式会社モビリティランドはツインリンクもてぎ(栃木県・茂木町)にて、2021年5月15日・16日に開催を予定しておりました「2021 FIM トライアル世界選手権シリーズ 第1戦 日本グランプリ」につきまして、本年の開催を中止することを決定いたしました。

プロモーターであるFIMと協議・検討を重ねて参りましたが、日本国内だけでなく欧州諸国での新型コロナウイルス感染状況に伴う渡航規制や対策の進捗状況を鑑み、本年の大会の開催中止を判断いたしました。

引用:ツインリンクもてぎ

やはり新型コロナウイルスの影響が大きかったと思われます。世界選手権と名がついているので、海外の選手も多く参戦します。しかし、彼らを受け入れるとなると、2週間の缶詰などが必要であり、開催が成り立たないと判断したのでしょう。

残念ではありますが、状況が状況だけに仕方がないところです。

2022年の開催を待ちましょう!

選手たちはすでに前を向いているはずです。2022年の開催はどうなるかまだ不透明ですが、ワクチン等の効果が発揮されれば、問題はなくなるはずです。来年こそは世界の一流ライダーの妙技を見られるでしょう。

黒樹脂パーツが割れる前に!おすすめコーティング剤で各パーツを守りませんか?

クルマの黒樹脂パーツは様々なところに利用されていますが、劣化が早いことでも知られています。紫外線を長時間浴びると、徐々に白化し始め、最終的には割れてそのパーツの機能を奪ってしまいます。そうなる前に使ってほしいのが、黒樹脂パーツです。

樹脂パーツに塗るだけでコーティング効果が得られるもので、しかも黒い艶を取り戻してくれます。まるで新品のようなパーツにしてくれるのです。

黒樹脂パーツの中でも特におすすめなのが、CarZoot社の「【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ 」です。圧倒的な耐久力を誇り、なんと1年は効果が持続!ワイパー周りやグリル、バンパー、内装、ダッシュボードに使用されている全ての樹脂パーツの劣化を復活點せられる高性能さにも注目でしょう。

アマゾンで販売中であり、価格は税込みで1,790円です。お安くなっているので、ぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。

たった17人で開発!?軽専用エンジンオイル添加剤「ベルハンマーライト」発売へ前のページ

ジープ ラングラー に40年ぶりのV8が搭載へ!470馬力のルビコン392がアメリカ発売予定(3月)次のページ

関連記事

  1. 記事

    10月26~30日開催されるオンライン展示会「未来のクルマ」ってどんな展示会?

    2020年は、コロナ禍の影響でビジネス業界もワークスタイルが大きく変…

  2. 記事

    ガソリン自動車の幕開け・ジークフリート・マルクスが開発した燃料車

    ガソリンを動力に走る乗り物は鉄道車両やディーゼル動車があり、ガソリン…

  3. 記事

    車のヘッドライトの黄ばみを取る方法を解説!おすすめのクリーナーは? 

    せっかく良い車に乗っていても、ヘッドライトが黄ばんでしまっているだけ…

  4. 記事

    ヤマハが米スタートアップ企業へ出資!「コネクテッドボート」実現を目指す

    大企業であるヤマハ発動機がアメリカのスタートアップ企業に対して出資す…

  5. 記事

    【2021年版】茨城県でのお引越し!おすすめの引越し業者はこちらです

    コロナ禍であっても引っ越さなければならないときはあります。それは転勤…

  6. 記事

    いつのものかわかんないガソリン見つけちゃった!正しい対処法を紹介!

    携行缶に長い間入りっぱなしになっているガソリンを見つけたり、そのほか…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    【2021年最新版】iPhoneユーザーにおすすめスマートフォンホルダー
  2. 未分類

    ガラスコーティングした車のメンテナンスをする時の注意点を把握しておこう
  3. 記事

    【令和になりGSからSSへ】出光興産はどこへむかう? 
  4. 記事

    タケノコ狩りに行こう!京都府でおすすめの山菜やタケノコ狩りのスポットを紹介
  5. 記事

    【未来的な製品がたくさん展示!】国際水素・燃料電池展をご紹介
PAGE TOP