「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」の最優秀作品が話題!どんなコンテストになったのか?解説!

   
 

この度、消防車を製造しているモリタホールディングスは、「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」を開催し、最優秀賞を発表しました。今回の記事では、モリタホールディングスが行った「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」とはどんなコンテストだったのか?詳しく解説していきます。

「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」とは一体どんなコンテスト?

「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」とは、消防車を製造しているメーカー、モリタホールディングスが全国の小学生を対象にして毎年行っているコンテストで、子どもの自由な発想で消防車のアイデアを公募しようという企画になっています。毎年1800点近い手書きイラストで作られた作品が応募され、小学生の自由な発想を見ることが出来ます。

モリタホールディングスは、様々な災害が多発している昨今において、小学生たちに「防災について考える」機会を創出することに加え、「チャレンジすること」の楽しさを知ってもらうために開催していると、その開催理由を発表しています。

第15回の今回は1810点のオリジナルイラストが集められ、その中から優秀作品などが発表されました。

コンテストで入賞するとどうなるの?

ちなみに、このコンテストで入賞するとモリタオリジナルグッズがプレゼントされます。消防車メーカーからの限定グッズのプレゼントなので、入賞した小学生には一生の思い出になるのではないでしょうか?今回のコンテストでは7名の小学生が入賞しています。

最優秀賞に選ばれた作品を解説!

その入賞作品の中から、最も優れていたと評価され、最優秀作品賞を獲得したのが千葉県流山市に住む、小学4年生「永井 文人さん」の作品です。永井さんは先日栃木県で発生した山火事の事を調べ、早速その対策として今回の作品のアイデアに取り入れていたのです。

山火事では、ヘリを使って消火活動を行いますが、ヘリコプターが火元に近づくとその風圧でさらに森林に炎が燃え広がり、安易に近づいて消火作業が出来ないそうです。

そこで永井さんが考えたのが、なんと「雪玉を投げ込んで消火したらどうか?」という発想。雪玉をヘリの中で製造し、一気に火元に投げつける。そうすると、距離があっても十分な水量が炎に届きそうです。

その他、AI技術を駆使して火元の状況に応じた消火活動を行えるシステムが組み込めれば、もっと効果的に消火活動が出来るのでは?という点まで考えられています。

作品内には、永井さんの手書きで「こうやったらもっと効果的に火事が防げる」というアイデアが書き込まれているため、このイラストを見ただけで、よく考えられていることがわかります。

永井さんは最優秀賞受賞ということで、モリタオリジナルグッズのプレゼント+モリタ三田工場(兵庫県三田市)での工場見学にも招待されることになっています。

新しいアイデアを現実に生かす取り組みが重要

子どもというのは、非常に柔軟な思考をもっています。現実可能の是非はあるにせよ、大人が思い浮かばないアイデアをどんどん提案してきます。

少子高齢化が進み、労働力がどんどん減っていく中では、こうした新しい切り口のアイデアが自動車メーカーに限らず、様々な分野で必要とされていくのではないでしょうか?今後も、こういったコンテストが開催されることが重要になってきます。

まとめ

というわけで、今回は消防の日に行われた「第15回未来の消防車アイデアコンテスト」について詳しく解説してきました。非常に意義のあるコンテストになったのではないでしょうか?小学生にとっても思い出に残る有意義なコンテストになったはずです。今後の取り組みにも期待が持てるでしょう。

フォルクスワーゲンのテラモントとテラモントXが改良されて新発売!気になる内容をチェック!前のページ

プジョーモトシクルのジャンゴを販売するためのオンラインショールームが完成!内容を解説します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    虫が集まりやすい色はあるのか?虫が集まりやすい色を徹底解説!

    あなたの乗っている愛車はどんな色をしているでしょうか?実は、そのボデ…

  2. 記事

    2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底調査してみた!

    2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な交通系イベント…

  3. 記事

    【注目】クライスラーのクロスファイアの中古車を購入をすすめする理由

    「クライスラーのクロスファイアが気になる。」「クライスラーの…

  4. 記事

    英国のロンドンタクシーを彷彿とさせる光岡自動車のユーガを紹介

    あなたはイギリスロンドンで走っているロンドンタクシーを見たことがあり…

  5. 記事

    沖縄で密を避けてゆっくりしよう!車で行ける手ぶらプランのキャンプ場3選

    沖縄は景色がすごくきれいですよね。そんな場所ではゆっくりしたいもので…

  6. 記事

    【2021年最新】1月に起きた愛知県の交通事故&車の事件を調べてみた

    愛知県は中部地方にある県です。県庁所在地の名古屋市はトヨタ自動車の本…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    子供を連れてちょっと遠出!岩手県でドライブがてらに行けるおすすめの公園2つ!
  2. 記事

    欧州で事業展開をしよう!トヨタが車のサブスクKINで6種類のサービスを展開
  3. 記事

    ガンダム好き必見!ガンダム好きに向けたカーグッズの紹介!
  4. 記事

    まるでコンサート会場にいるような雰囲気に!「キッカー」のオーディオを紹介
  5. 記事

    ブガッティがサーキット専用ハイパーカー「ボリード」を世界に向けデジタルで発表
PAGE TOP