「アウトバック新型を4月欧州導入」スバル車の魅力や特徴とは?

   
 

「レガシィ」、「インプレッサ」、「フォレスター」などの人気車種で知られるSUBARU(スバル)。
日本の自動車工業を支えてきた自動車メーカーの一つです。

そのスバルが 「アウトバック」の新型を欧州市場に導入すると発表しました。
今回はこのニュースの詳細をご紹介しつつ、スバルの自動車の特徴や魅力についても解説していきます。

新型『アウトバック』の欧州市場導入

スバルは来月、新型アウトバックを欧州で発売します。エンジン出力向上やトランスミッション改良が施されます。→https://www.autocar.jp/summary/655001

オートカー・ジャパンさんの投稿 2021年3月30日火曜日

SUBARU(スバル)の欧州部門は3月29日、新型『アウトバック』を4月から、欧州市場に導入すると発表した。

アウトバックは1995年の初代(日本では『レガシィ・グランドワゴン』)発売以来、乗用車とSUVの両方の特性を組み合わせた新セグメント、クロスオーバーSUVの先駆けとして、その歴史を築いてきた。

アウトバックは現在、スバルのフラッグシップモデルに成長しており、安全性、快適性、実用性、耐久性、走行性といった価値を、顧客に提供している。アウトバックとしては6世代モデルとなる新型は、史上最高のアウトバックを目指して、開発されたという。

過去26年間で、アウトバックはヨーロッパで30万3000台以上を販売した。1989年以降、世界の累計生産台数は660万台を超えている。

新型アウトバックの特徴

今回の新型アウトバックには下記のような特徴が発表されています。

◆部品の約90%を再設計した自然吸気の2.5リットルエンジン
◆11.6インチの縦型ディスプレイ
◆最新のアイサイト

このニュースをうけて、クルマ好きの間では日本導入を求める声が多くあがっており、今後、日本市場に導入されるかどうか注目されます。

スバルの魅力とは?

ここでは、スバルの自動車の魅力について解説していきます。

世界で評価される安全性能

SUBARUは日本、米国、欧州、豪州など各国当局が行っている安全性能総合評価や、米国の道路安全保険協会による安全性能評価で、最高ランクの評価を獲得しています。

世界で評価されるこの安全性能はスバルの魅力の一つといえます。

SUBARUの独自技術

スバルには、メーカー独自の技術をもっています。
その技術には下記のようなものがあります。

  • 水平対向エンジン(ボクサーエンジン)、コンパクト・低重心
  • シンメトリカルAWD(All Wheel Drive)前後左右の優れた重量バランス
  • スバルグローバルプラットフォーム
  • 運転支援システム「アイサイト」
  • ステレオカメラで高い認識力を発揮

このように普遍的な価値と最新技術を備えたスバル車は、長く使っても飽きにくいと評価されています。1台のクルマを長く使えば、環境に優しく、ユーザーの出費も抑えられる。このような筋の通ったメーカーの主張が、運転感覚を通じて実感できることもスバル車の特徴だといえます。

CarZoot製品のご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sarah-brown-3eg3Iuq-3gQ-unsplash-1.jpg

クルマに長く乗っているとヘッドライトの黄ばみやくすみが気になってきますよね。普通に洗車してもなかなか取れるものではありません。

そんな、ヘッドライトの黄ばみやくすみに対して、オススメなのがCarZoot社製ヘッドライトクリーナーコーティングです。

Amazon新着ランキング1位を獲得した本製品は、従来のクリーナーとは異なり、汚れや黄ばみを落とすだけでなく、汚れにくく黄ばみが戻らないようにしっかりとコーティングまで施工できます。Amazonでは3,680円(税別)で販売されているこの商品。
ぜひ、一度CarZoot社製品をお試しください。

Amazonでは3,680円(税別)で販売されているこの商品。
ぜひ、一度CarZoot社製品をお試しください。

マツダの初代ロードスターレストアが話題!マツダの思想や魅力とは?前のページ

メルセデスベンツが更なる進化?次のページ

関連記事

  1. 記事

    阪神高速4号湾岸線に「高石PA」3月30日オープン

    長距離を運転するドライバーさんにとって、なくてはならない場所、それが…

  2. 記事

    「スバル アルシオーネ」のカタログスペックや中古販売価格を紹介

    20年前に販売していて、女性から非常に人気だった「スバル アルシオー…

  3. 記事

    増えてきた!?ラウンドアバウトの起源とメリットをご紹介!

    近年、円形状の交差点がいくつも誕生しています。ラウンドアバウトと呼ば…

  4. 記事

    GMCハマーEVにSUVが登場!3モーター830馬力!

    GMCハマーEVにSUVが登場したことが話題となっています。「ハマー…

  5. 記事

    千葉県で必ず行きたい道の駅について!2020年度版をご紹介!

    道の駅をめぐるドライブはとても楽しく、多くの方がしているのではないで…

  6. 記事

    【令和になりGSからSSへ】出光興産はどこへむかう? 

    ガソリンスタンドがセルフサービスになってから、存在意義までも変わって…

新着記事の一覧

  1. 佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!…
  2. ドバイで無人タクシーを導入!米の自動運転開発会社と契約へ
  3. 北陸電力が発表した「環境・エコカー割」とは?エコカーの種類も…
  4. 畑中慎吾選手がエヴァンゲリオンレーシングのドライバー!D1 …
  5. 3月の中国新車販売を確認!トヨタは6割増でホンダは2倍強
  1. 記事

    扱いやすさを受け継いだドゥカティの新型車が3月に発売
  2. 記事

    女の子でも気軽に乗れちゃう車スバルデックスの魅力を解説!中古でも買える!
  3. デザイナーA

    日ハムファンなら知っておきたい!札幌ドーム周辺で安い駐車場を3選紹介!
  4. 未分類

    シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコートAmazon悪いレビ…
  5. 記事

    阿波踊りが有名!徳島県で2021年トレンドになりそうなおすすめ道の駅はココだ!
PAGE TOP